安全への取組み

五稜ではすべての事業活動において安全を最優先しています。
「運輸安全マネジメント」に基づき、経営トップから現場まで一丸となり、安全対策に努めています。
構築した安全管理体制をPDCAサイクルにより継続的に改善し、安全性の向上を図っています。
詳しい情報は、以下のPDF資料をご覧ください。

アルコールチェックを徹底して実施

アルコールチェックを徹底して実施 運転士の始業及び終業点呼時には必ずアルコールチェックを実施しています。
宿泊業務など遠隔地においてもモバイル型アルコールチェック装置を使用し、同様のチェックを行っています。


SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査の実施

会社負担にて全運転士にSASの検査を実施し、安全運行のために必要な健康状態の把握に努めています。


安全講習会

安全講習会 安全講習会は1年に1度行われ、全運転士が受講します。
年内の事故の現状やヒヤリハットを含めた具体的な対策、ドライブレコーダー映像を見ながらの運転分析、外部識者を招いての講習が行われます。


立会い監査

安全な運行を行うため、外部識者及び役員の立ち会いのもと、運行管理や車両整備の実施状況、乗務員の労務管理状況などを1年に1度チェックしています。


重大事件・事故マニュアルの作成

重大事故・事件対応マニュアルに基づくシミュレーション演習を行い、万が一の事故に備えた訓練を行っています。


運行管理者の教育の徹底

運行管理者の教育の徹底 日々の安全運行を管理する運行管理者の教育を徹底し「運行管理者講習」や国土交通省認定の「安全セミナー」を受講し、適切な乗務員の労務管理・健康管理を行い、お客さまが安心して乗車できるバスを提供しています。


安全に対する講習や研修

輸送の安全を確保する上で必要な人材を育成するため、安全に関する研修を年2回実施しています。